2016年9月18日日曜日

2016夏キャンプまとめ001:勝手にピックアップ!!


お久しぶりです!!
2016年度の代表を務めさせていただいております、アンディです。

8/8から9/7までの一ヶ月間の夏キャンプ。長かったような一瞬だったような、思い返すと書ききれませんが、普段あまり触れることのない話題を勝手にピックアップしていきたいと思います。
ファイナル翌日、メンバーを送り出す時にパシャリ

【メンバーと関わり方の多様性がすごい】

今年のメンバーは1,2回生が中心で、地域の方も驚くほどガラッとメンバーが入れ替わり、ひとつの大学の中にいたら絶対巡り会えないような、濃くて特徴的なメンバーが集まりました!
真ん中:みんな大好きにっしー(学食太郎)
右:やんちゃなトラブルメイカーミヒ(海日)
また、夏キャンプへの関わり方も、まーー多様!
子供Xキャンプだけ手伝ってくれる助っ人がいたり、免許を取りながら参加するメンバーがいたり、またメンバーの恋人が来てくれたり、他の団体から出張して参加してくれたり、、、しまいには日本一周の途中で縁があって一緒に暮らした人までいるという、まさに多種多様な関わり方!さまざまな形で関わってくれた人に感謝!
日本一周の途中、ご縁があってファイナルを準備から手伝ってくれた 友近さん
そんな初対面が多いメンバーを、これまでと変わらず受け入れてくださった地域の方には感謝してもしきれません!僕たちの夏の体は、ほとんどがあっぷるふぁ〜むさんの愛でできているといっても過言ではありません!その他でも、多少の無理もおおらかに受け入れてくださるだけでなく、場合によっては学生メンバーをリードしてくださるなど、地域の方あっての活動なのだな、と実感する日々でした。

僕たちの血となり肉となるお野菜と果物。あっぷるふぁ〜むさんありがとうございます!

【古民家の拠点ができて、地域の方と近い!】

今年の目玉は、何と言っても京都Xキャンプ与謝野に、地域の方にぐっと近い拠点ができたということ!
ファイナル当日の様子

引越しと整理は、確かに、超たいへんでした!でもそれをはるかに超える「古民家に移れてよかった」と感じることが多くありました!!
これまでもお世話になってきた方とさらに親密になれたこと、ご近所さんにあいさつにいって新たなつながりができたこと、地域の方がフラっと様子を見にきてくださること...!!..本当にこの地域の中で生活・活動しているのだと毎日実感しておりました!
個人的には、タンカンを組んで倉庫を作っていたらテルさんがひょいと見物に来てくださったことや、鹿肉を料理して山守でお世話になっている地域の方へおすそ分けを歩いて持って行ったことなどが特に心に残っています✨
また夏以降もメンバーが行く時はお知らせいたいしますので、ぜひ覗きに来てくださいね^^。

【リフレかやの里が僕らの癒し♪】

それぞれのプロジェクト活動やイベント、古民家の整理などで疲れたメンバーを癒してくれるのは、毎日のリフレのお風呂。そう、これがないと生きていけません!!
毎日日が暮れると、自転車をこいで(運が良ければ車で)リフレにやってきます。受付の方々とはもう顔なじみ。「今日もよろしくお願いします。」と言ってお風呂へ直行!と思いきや、今年の男子メンバーはここで筋トレタイム。「疲れた方がよりお風呂が気持ち良いから!」なんて言いながら、息をあげてからお風呂へ向かいます。
足を伸ばして湯に体を委ねる時間は至福の時です^^。しかしリフレのお風呂が癒してくれるのは体だけじゃありません。湯に浸かりながらプライベートな話に花を咲かせて心も和んでいくのです。
風呂上りにはコーヒー牛乳の日もあれば、ちょっと自分にご褒美でエクレアを買っちゃう日もある。この優しい甘さが体にしみて、「よし、がんばろう!」っていう気にさせてくれるんです!
女子メンバーの笑顔、これも元気の源ですね!

さて、ここまで偏った話題を選んできましたが、そんなこんなで、今年の夏は1,2回生のおもしろメンバーが、いろんな関わり方で地域の方に支えられながらプロジェクトを進めてまいりました!
課題がたくさん見つかった夏でもありましたが、右も左もわからなかったメンバーが、どのようにしたら共同生活を楽しく過ごしながらプロジェクトを進めていけるのか、地域にどう関わっていけるのかを思考錯誤しながら探してきました。すぐ結果に結びつくものもあれば、遠回りになるものもある中で、みんなが能力的にも人間的にも成長できた夏だと確信しております!
さんさん祭りにて
今年は特に夏以降も続いていくプロジェクトばかりです!どうぞ、今後のXキャンプにご期待ください!

※今年のプロジェクトごとの夏の活動は随時掲載していく予定です!しばしお待ちくださいませ!




2016年8月21日日曜日

京都Xキャンプ与謝野OBOGが「里帰り」!!


こんにちは!お久しぶりです、XキャンプOGのくさかです。
 
8/8より今年も始まりました、夏のキャンプイン!
9/7までの約一か月間与謝野に滞在し、地域の方と共に様々な活動を行います。
 
2012年から本格始動となったこの取組、今年でなんと5年目を迎えることとなりました!ワー!!パチパチ!!!
毎年新しい学生が参加するというこの活動の特徴、裏を返せば毎年卒業していく学生がいるということ。卒業後、社会人になってからも彼らの与謝野への思いは消えることがありません。そう、与謝野はXキャンプ卒業生にとって、まさに第二のふるさと
 
そんなOBOGのうち、今回は以下の8人が、8/1113の間お盆休みを利用して与謝野へ「里帰り」しました。

 
 
左より、

・浦野遥(ぱるぱる)…2014-15年度参加/食守
・川上典子(ノリコ)…2014-15年度参加/育守
・日下千夏(くさか)…2012-13年度参加/旅守・人守
・大谷祐紀(おおたに)…2012-13年度参加/カフェ「ひねもす」
・平野木綿子(向上心)…2013-15年度参加/育守
・村重悠太(そんちょー)…2012-14年度参加/山守

川崎栞(わかめ)…2012-13年度参加/旅守・人守

▲和田両磨(にんじゃ)…2013-15年度参加/育守・山守


どどん!知っている顔には会えましたか?


***
 
さてさて、懐かしの与謝野に辿りついたOBOGたち、感動に胸震わすもつかの間、限られた時間をフル活用して思い思いの場所へ、人へ、走っていきます。
 
 
★初日8/11は子どもXキャンプの日!ということで、子どもと一緒に魚を獲ったり……


★Xキャンプ農園でトマトを収穫するお手伝いをしたり……


★頑張る現役生にごはんをつくったり……(しかし出来のほどは!?)


★現役生と、草木染めに使用する花びらを採りに行ったり……


★カメラマン西垣さん宅での焼き鳥パーティーでたらふく食べたり……


★あっぷるふぁ~むで甘~いスイカやメロンをご馳走になったり……


★現役生や地域の方と山へ分け入ったり……


★地域の方が営むカフェへ遊びに行ったり……


★テントを張ってキャンプをする人も!



それぞれが十人十色の「里帰り」を満喫できたのではないかと思います。

突然の訪問にもかかわらず「久しぶりやなぁ」と笑顔で迎えてくださった地域の方々、本当にありがとうございました!!!


また、今回の与謝野訪問には、「OBOGと現役生の交流」という忘れてはならないテーマも込められていました。

私たちOBOGもかつては、今の現役生と同じように 与謝野のことをもっと知りたい!と町を駆け回った大学生。
そうして得た知識や培ったノウハウの中には、もしかしたら今頑張っているメンバーたちの役に立てるようなものがあるかもしれません。



今回の訪問においては、現役生の話を聞いてアドバイスをしたり、地域の馴染みの方に現役生を紹介するOBOGたちの姿がよく見られました。

現役生メンバーにとって何か得られたものがあったのなら、OBOGはとっても幸せです!


***

年次を重ねるごとに存在感を増し、「学生」「地域」「行政」に次ぐ第4の側面となりつつあるOBOGたち。
私たちに今だからできることは何だろうか?5周年という節目を機に、一人ひとりが考え、話し合いを重ねているところです。

大学生のころに与謝野という地で様々な人に出会って様々な経験をし、この地に対する思い入れを持った卒業生たちが全国に広がっていったら……活動の1年目や2年目には想像するしかなかったことが、今実際に起こっているんだと思うとわくわくしますね!

OBOGのこれからの動向をお楽しみに!!


最後にもう一度、今回の与謝野訪問でお世話になった地域の方々、現役メンバーのみなさん、本当にありがとうございました!

ではでは、また与謝野で☆




文章:日下
写真:西馬、川崎、平野、村重、日下

2016年6月11日土曜日

旅守 第2回ワーキング!

こんにちは!今年度より旅守のディレクターをしています、同志社大学2回生の竹村美香(みかりん)です^ ^

今年度の旅守プロジェクトは、私のゲストハウスがしたい~~!という衝動からはじまり、フレッシュな1回生メンバーとの話し合いを重ねて、魅力的な「人」に出会う旅、そしてそこで起こる化学反応を大切にしたいという思いで計画を進めています。

今年度の旅守の活動の柱として、
□ゲストハウス(Xキャンプの活動拠点の古民家)
□旅コンシェルジュ
□PR
の3つを考えています。

それぞれの活動で夏に何をどこまで進めるのか?といった具体的な展望も見え始めてきました。



そこで今回は、6/11(土)~12(日)の第2回ワーキングの様子をお伝えしたいと思います!


《1日目》
今年はメンバーが大所帯になり、大型バスで市内から与謝野へ!
行きのバスの車内では、新メンバーのあだ名を決めました♪
(大盛りライスオン、ワイルドぷーさん、ポテサラ、、、定着するかな?!笑)

お昼に与謝野町に到着!

旅守メンバーは、与謝野町地域おこし協力隊のエグエグさんにお誘いしてもらい、パワースポット巡りに同行させていただきました。
1回生のメンバーが同行させていただいたのですが、まだあまり知らない与謝野町のいろいろな場所に行くことができ、とても充実した時間を過ごせたようでした。
1回生のゆりりん&ポテサラのイチオシスポットは、「雲海の見える一字観公園」!!
一度は見てみたい憧れの雲海ですね~~

一字観公園。あじさいがきれいです



そして夕方からは、滝区公民館での第2回検討会。
今回は1回生中心にプレゼンを行いました。
まだまだ不慣れですが、自分たちの想いが伝わるプレゼンを目指して、練習あるのみです。。( `ー´)ノ

旅守のテーブルの話し合いでは、与謝野町の特色ある産業と観光客を直接つなげる旅のコーディネートの提案や、学生のアイデアを現実的に成功させるためにはどうしたらよいか、といった地域目線での貴重なご意見をたくさんいただきました。

今年はXキャンプ経験が1年目、2年目の学生ばかりだからこそ、新たなことに臆さず挑戦できるという面もありますが、地域の方々とのつながりがまだまだ十分に築けていないという弱みもあります。
もっと与謝野のことを知りたい!地域の方のことを知りたい!という強い思いを持っているメンバーが多いからこそ、積極的に地域の方にアプローチしていきたいと思います**




《2日目》
2日目は旅守のメインの活動となるゲストハウスをしようと考えている古民家へ視察に行きました。
Xキャンプの拠点となる古民家で、ゲストハウスを運営する計画です。

メンバーのほとんどが古民家で暮らした経験がないため、見るもの触れるものすべてが新鮮で、ワクワクするものばかり*

特に蔵の中には古い本やきれいな帯、食器などがいっぱいで、大家さんのお話を聞きながら、ひとつひとつに思い出が詰まっているんだなぁ、と実感しました。
この素敵な空間を活かして、私たちにしか作れないゲストハウスを作っていこう~!!


拠点となる古民家の玄関にて。大家さんとりっくん

古民家2階。ゆりりんもはしゃいでます!


古民家を視察したあとは、伊藤さんのご厚意でブルーベリー狩りを体験させていただきました^ ^
ブルーベリーの実はひとつひとつが大きくてとっても甘~い!!!!♡
美味しいものに目がないメンバーにとって至福のひとときでした。ありがとうございました!



第2回ワーキングも予定が盛りだくさんで、また新たな発見がたくさんありました。
また次の検討会に向けて、具体的な活動内容を毎週のプロジェクトミーティング・総会を重ねて計画中です。
みんなで頭を悩ませながら、でもそれ以上に夏キャンプにワクワクしながら、頑張っていきたいと思います!!

読んでいただきありがとうございました☺